1

ワークスタイルの構築 (事例A)

​組織のアイデンティティを考慮した

 

2

ワークプレイスの提案 (事例F)

働く人や将来の変化に柔軟な

スタンダードガイドラインの作成 (事例B)

3

改革を推進するための